ペコポン(@OnesackOutdoor)です。

キャンプに行くと、たまに斧とか鉈を使っている人を見かけますよね。

なんだか、玄人っぽいというかベテランっぽく見えて、ちょっと欲しくなったりもします。

ただ、現実的に考えた時、斧とか鉈って必要なんでしょうか。

それぞれの用途に注目しつつ、考えていきたいと思います。

キャンプに斧とか鉈って必要なの?

キャンプに行くと、斧とか鉈を使って薪割りをしている人を見かけます。

なんとなくカッコいいし、玄人っぽく見えるので、ちょっと欲しくなったりもしますが、果たして本当に必要な物なんでしょうか。

斧も鉈も重いですから、キャンプ道具の中でも重量的な存在感は結構あるんですよね。

まあ、木と鉄の塊ですから、仕方ないことではあるんですが。。。

 

ただ、使っている人を見かけてしまうと、「あれ?もしかして必要?」と思ってしまうものです。

というわけで、ここからはキャンプに斧や鉈は必要なのかについて、考えていきたいと思います。

斧を使うシーン

まずは、どういった時に斧の出番が来るか考えてみましょう。

まあ、これはあまり言う必要もなさそうですが、丸太のような薪を割る時ですね。

太すぎてそのまま火に入れるにはデカすぎるような薪を手ごろな細さにするわけです。

 

これは正直、斧以外でやるのはかなりしんどいです。

 

なので、そういうサイズの薪を扱う可能性があるなら、斧は必須になるでしょう。

ただ、普通のキャンプでそこまでの薪を使うことってないですし、市販の物であれば、ある程度割られた状態になっていますから出番はかなり少ないかなと。

鉈を使うシーン

さて、お次は鉈を使うシーンを考えてみましょう。

鉈は斧と比べると、少し器用な刃物です。

木に少し手を加えたい時とかバトニング以上丸太未満の薪を割る時に必要になります。

 

ぶっちゃけ、鉈も普通のキャンプでは出番はほとんどありません。

先ほども言ったように、市販の薪は最初から手ごろなサイズに割られているからです。

およそ、バトニングできるサイズになっています。

拾った薪を使うにしても、そんなサイズの物をわざわざ拾うこともないでしょうしね。

 

なので、斧と同じく、普通ならいらないと言っていいでしょう。

ブッシュクラフトをするかしないか

これらの道具が必要になってくる場面は、どちらかというとブッシュクラフトのほうが多いでしょう。

ペグを自分で作る時には鉈が必要ですし、拾った木の長さを調節する時は斧が必要になってきます。

アレコレ道具を持ち込まずに、自然と向き合いたいなら、斧も鉈もあったほうがいいですね。

斧も鉈もどちらかというと雰囲気づくり

ここまで書いてきたように、斧も鉈も本当に必要になってくるのは、かなり振り切ったことをやっている人に限られます。

それでもなお、持っている人がちょいちょいいるのは、使うというよりも一種の雰囲気づくりなんだと思います。

 

最初から手ごろな薪を用意するのではなく、デカい薪から段階的に使える状態にしていく。

 

この手間と雰囲気を楽しんでいるんでしょう。

車を持っている方であれば、あるいは買ってみるのも一興かもしれませんね。

それっぽさがレベルアップするのは、確実だと思いますから。

普通ならナイフとノコギリで十分です

ハイ、というわけで、普通にキャンプをするなら、ナイフとノコギリさえあれば十分です。

極端な話、ノコギリもいらないかも。(^^;)

斧も鉈も手軽な道具ではないですし、なんとなくで買ってみようか迷っていた方は、この記事を機に一度考え直してみるといいかもしれませんね。

 

買ったはいいけど、結局出番は少ないし重いしで使わなくってしまった、なんて目も当てられないですから。

 

ブッシュクラフトをしたい、雰囲気作りを重視したいって方でなければ、斧も鉈も特に必要ないでしょう。

それなら、その分のお金で高いナイフを買うほうが断然有意義です。

ペコポンを応援する。↓↓↓
にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ
にほんブログ村